入れ歯(義歯)の治療

入れ歯誰もが知っている入れ歯。歯を失ったときに行うもっともポピュラーな治療法です。

近年はインプラント治療などが登場し、その自然な噛み心地や見た目が注目されており、有用な治療法ですが、吉井歯科医院では、インプラントが全ての人にとって最良の治療であるとは考えていません。

入れ歯には、他の治療にはないメリットがたくさんあるからです。

手術が必要ない

インプラントでは手術が必要です。しかし骨が少ない場合、手術が不安な方、高齢者の方など体への負担が大きい場合には、手術の必要のない入れ歯は有効な治療手段です。

歯をほとんど削らない

ブリッジのように両隣の歯を大きく削る必要がない

治療期間が短い

インプラントは骨が安定するまで数ヶ月かかります。

ただし、入れ歯にはデメリットもあります。

  • 異物感を感じたり、しゃべりにくい人もいる。
  • 入れ歯を支えるバネが見えることがある。
  • バネのかかる歯がむし歯になりやすい。
  • かむ力は自分の歯の20〜30%

(デメリットの一部はスマイルデンチャーなどで改善できる場合があります)

よく考えた上で、どのような治療法を選択するのが一番適しているか、考えていく必要があります。

吉井歯科医院では、歯科医師と十分に話し合いながら、お一人お一人にふさわしい治療を行います。

保険診療を基本としておりますが、お口の状態にあった高度な治療内容・技術・材料をお望みの方には、自費診療にて対応しています。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャースマイルデンチャーとは、弾力性のある特殊素材「スーパーポリアミドナイロン樹脂」で出来ている部分入れ歯です。金具を使わないので(ノンクラスプ)審美的に優れています。薄く、軽く、弾力のあるのが特徴で、従来のものに比べ痛みや違和感が起こりにくいという特徴があります。

非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からないので笑顔に自信が持てるということからこの名が付きました。

入れ歯の歯の本数が少ない場合は、金属を使わないので、金属アレルギーの方にもお勧めです。

 

当院も開業以来、多くの方にスマイルデンチャーをお作りしてきましたが、ご利用されている方の満足度が高い治療法です。

金属のバネがなく、薄いため、透明感を出すことができて歯ぐきの色になじみやすいため、一見入れ歯とは分からない感じです。またスマイルデンチャーは、固定面積が広いため、従来の保険の入れ歯に比べ安定性があります。

入れ歯作りを考えている方には、是非一度ご検討されることをおすすめします。

 

ここまで、メリットを書きましたが、残念ながら、デメリットもありますので、これをふまえたうえでご検討ください。

  • スマイルデンチャーは、違和感は少ないが、入れ歯であることに変わりはないので、あくまで、従来の入れ歯と比べて違和感が少ないということ。個人差はありますが、入れ歯の違和感や取り外しの面倒さは残ります。
  • かむ力は、従来の入れ歯とかわりありません。
  • 大きな修理ができないので、ゆるくなった場合や歯を抜いた場合などは、作り直していく必要がある。→金属を使わないタイプで、ほとんど同じ形(歯の数、素材など)で作り直す場合、割引制度が出来ました。(2012年製作義歯より)
    (歯の本数や形が変わる場合も、正規料金より、若干割引できる場合があります)

スマイルデンチャー 100,000円〜(税別)

※はじめて入れ歯を入れる方は、一番最初はスマイルデンチャーではなく、一度保険の入れ歯を作ることをお勧めします。抜歯後すぐは、骨・歯茎が安定していないこと、入れ歯には慣れが必要であるためです。

初めての入れ歯については下記をごらんください。

 

初めて入れ歯を入れる方へ

多くの方は歯が抜けた後、入れ歯を入れたら、すぐかめて使える、と思っているでしょう。

しかしながら慣れるまではちょっと頑張る必要があります。

違和感があります

お口の中に今までになかったものが入ったのですから、程度の差はあるものの、誰しも違和感を感じます。徐々に慣れてきますので、少しずつ使っていきましょう。

しゃべりにくくなります

入れ歯が入ると(特に前歯に入ると)、その空気の流れ方や舌や唇の動きが変わってしまい、今までとは発音がうまくいきません。ただし、これも慣れの問題なのです。しゃべりにくいからと言って、しゃべらなければいつまでも上達はしません。これは練習によってどんどん解決していきます。

調整が必要です

入れ歯は歯ぐきの粘膜の上にのります。粘膜は圧力を受けて、へこんだり、口を動かすことにより、動いたりするので、入れ歯に慣れるまでは、靴擦れのように歯ぐきが痛い部分がでることがあります。そこを何度か調整する必要がでてきます。

入れ歯を入れた直後、痛かったり、調子が悪いからといって、私には合わないとあきらめないでください。少しずつでよいので慣らしていってあげてください。


インプラントのトップへ