ホワイトニングQ&A

ホワイトニングでどのくらい白くなるの?

歯の持っている色調・性質などによって効果が異なりますが、今の歯よりは白くなります
ただし、ペンキを塗ったように真っ白になると思われる方もおられますが、ホワイトニングは元の歯の色から 徐々に白くなっていき、限界の白さもあります
元々白めの歯の方は大きな効果が得られにくいです。
カウンセリング時にご自身の歯の色をチェックし、希望する白さするにはだいたいどのくらいの回数と期間が必要かをお話し、治療目標を決めていきます。
多くの方の場合、オフィスホワイトニングを2〜4回行うことで目的の白さに達します。
ホームホワイトニングは個人の使用法に大きく作用されます。


ホワイトニングってどんなことをするの?

ホワイトニングの方法には3通りあります。
1.オフィスホワイトニング 歯科医院で行う方法
2.ホームホワイトニング 自宅で行う方法
3.デュアルホワイトニング 1+2を合わせた方法

吉井歯科医院では効果が最も高く、白さの維持も手軽で安いデュアルホワイトニングをお薦めしています。


ホワイトニングって歯や体に安全なの?

かつて「歯が脆くなる」とか「歯に悪い」という誤解がありましたが、正しい商品、使い方を行っていれば、歯や体に悪い影響はなく、安全です。
現在ホワイトニングで使用する薬剤は、過酸化水素もしくは過酸化尿素といって、過酸化水素を薄めたものです。 もともと過酸化水素は歯肉炎や歯周病の治療に使われており、消毒剤のオキシドールは3%の過酸化水素です。
ホワイトニングが生まれた経緯も、歯肉炎や歯周病の治療に使っていたら、歯肉もよくなるが歯も白くなったことが始まりです。
過酸化水素は、FDA(アメリカ食品医薬品局)も成分の安全性を保障しており、ホワイトニング剤自体は、その安全性をADA(米国歯科医師会)が認めています。(全ての商品がADAマークではありません)。日本では、各歯学部、歯科大学からの多数の論文も出も、歯のホワイトニング剤の安全性が保障しています。

吉井歯科医院ではホワイトニングを選ぶ際に、より安全性の高い薬剤、機材を選んで使用しています。安心していらしてください。


ホワイトニングって痛いの?

ホワイトニングは歯質を削らない、麻酔が不要、安全な治療法です。
ただし治療中の不快感は、少ないとはいえゼロにはなりません。
オフィスホワイトニングにおいては、ホワイトニング数時間後に違和感を覚える方がいます。しかし、この症状は24時間程度で落ち着きますので、安心してください。吉井歯科医院では、不快症状をなくすため鎮痛薬をお出ししています。
ホームホワイトニングにおいては、知覚過敏になる方がいます。知覚過敏はホワイトニングを中断するとなくなります。フッ素や知覚過敏用歯磨き粉の使用、歯科医院でのお薬の塗布で軽減されます。

吉井歯科医院ではオフィスホワイトニング、ホームホワイトニング共に、不快症状の出にくいシステムを選んでいます。


どんな歯でも白くなるの?

ホワイトニングには適応症があり、白くできる限界もあります。
術前にあなたの歯がホワイトニングに向いているかどうか、十分にカウンセリングいたします。

次のような方はホワイトニングには向きません。

  1. 無カタラーゼ症
  2. エナメル質形成不全・象牙質形成不全
  3. 妊婦・授乳中の方
  4. ホワイトニング部位に大きいむし歯や重度の歯周病がある方
    (薬液が病巣に付着して、症状が悪化する場合があります。まずは治療が優先となります。)
  5. エナメル質に亀裂が入っている場合
    (痛みが起こることがあります。小さいものならオフィスホワイトニングで対応可能となる場合があります。)
  6. 重度な変色歯、神経の死んだ歯
    (継続することで明るさは改善しますが、白くなることは期待できません。)
  7. かぶせ物が入った歯、詰め物が入った部位
    (ホワイトニングはあくまで天然歯に反応します。)

一度白くなったら、永久的に白いの?

残念ながらまた黄色くなってきます。
髪をカラーリングしたら、数ヶ月後染め直す必要が出てきたり、洗剤を使い漂白された白いシャツが再び黄ばんでくるのと同じで、ホワイトニングされた歯も徐々に再着色してきます。
時間をかけて行うホームホワイトニングは約1〜2年間白さを維持できますが、一気に行うオフィスホワイトニングでは4〜10ヶ月で再着色してきますので、アフターケアが必要になります。
喫煙したり、紅茶やコーヒー、カレーなど着色しやすい食生活をしていると、やはり早くに再着色が起こります。
ホワイトニング用の歯磨き粉(研磨剤が多く含まれているタイプはダメ)や電動歯ブラシなどを使用することでも、再着色しにくくなります。
アフターケアを考えると、デュアルホワイトニングやホームホワイトニングがお得となります。


どうして白くなるの?

ホワイトニング剤の主成分として含まれる過酸化水素や過酸化尿素が、化学反応を起こした時にでる活性化した酸素が、歯の着色物を分解して汚れを落とし、エナメル質を無色透明化します。
しかし、これだけでは白くなりません。それはエナメル質の内側にある象牙質は黄色い色ので、色が透けて見えてしまいます。ホワイトニン剤から生成された酸素は、エナメル小柱というところに作用して、エナメル質をスリガラス状にして、黄ばんだ象牙質の色を隠すことで白さを得ます。
つまり、活性化した酸素の力によって「汚れを分解」「すりガラス状に加工」することで白くなるのです。


歯が変色しているんだけど、どうしたらいいでしょう?

歯の変色には、表面の汚れが歯を変色させている外因性によるもの、エナメル質、象牙質の変化による内因性のものがあります。
外因性によるものは、クリーニングで汚れを落として白くなります。
内因性のものは、歯のホワイトニングや人工の歯などで白くします。

外因性

(1)日頃の磨き残し
  歯の表面にステイン(汚れ)がついている状態
  クリーニングで汚れを落とします
(2)喫煙や嗜好飲料によるもの
  ジェットパウダーを吹き付けて、ヤニや茶渋を吹き飛ばします

※上記は歯周病治療の一環として行う場合は、保険が効きますが、それ以外は自費になります。

内因性

(1)加齢に伴う変色
  ホワイトニングが最適です
(2)遺伝による黄ばみ
  ホワイトニングが最適です
(3)神経が死んでいる歯や金属が溶けだしている場合
   ホワイトニングだけで改善することは困難です。かぶせ物をします。
(4)薬(テトラサイクリンなど)による変色
   重度の場合はホワイトニングだけでは困難。軽度であればホワイトニングだけで改善できます。


ハミガキ粉で白くなる?

汚れを取るのであれば、歯磨き粉でも十分に効果があります。ただ、あまり強い研磨剤入りの歯磨き粉を使うと歯の表面に傷ができて逆に着色しやすくなります。
しかし、「黄ばんだ歯を白くする」ことは歯磨き粉では難しいです。過酸化水素という物質が歯を白くできるのですが、日本で売られている歯磨き粉には入っていません。
歯科医院や個人輸入して過酸化水素入りの歯磨き粉を購入することもできますが、濃度と歯についている時間を考えると、ホワイトニングした歯の再着色を遅らせる効果は期待できますが、単独で歯を白くするのは難しいと思います。


個人輸入のホワイトニングはどうなの?
OTC(海外のスーパーなどで売っているホワイトニング剤)

アメリカ等の海外ではスーパー等で手軽にホワイトニング剤が買えます。色々な種類の物が出ていますが、粗悪品もあり歯と歯ぐきのトラブルで訴訟が起きたりしています。
また良質な製品を選択したとしても、ホワイトニングができるかどうかを自分で判断する為、痛みがでたり、思うように効果が上がらないことが多いです。また濃度も歯科医院で使っているものと比べて低いため、効果も値段なりです。


まずは無料カウンセリングを予約しましょう

ご相談だけでもOKです。お気軽に無料カウンセリングをお受けください。

無料カウンセリングのみでご予約された後、オフィスオフィスホワイトニングを行う場合は、当日すぐにはできないことが多く、後日のお約束を取らせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。